壊れかけのモニターやテレビに映るノイズをイラレで表現しよう!グリッチの作り方|イラレチュートリアル

チュートリアル

こんにちは、イラレ常人です。
今回は、映像が乱れたときの表現として使われるグリッチの作り方を解説します。
文字を切ったり、重ねたりするので、ワクワクさんになった気分で作れます。

では、本編にいきましょう。

文字を打ち込んで切りまくる

まず、テキストツールに切り換えて適当な文字を打ち込みます。

打ち終わったら文字を選択した状態で右クリックして、この文字をアウトライン化します。

そうすると編集可能だった文字データがパスに変換されます。
アウトライン処理をすると、文字の内容変更はできなくなるので、注意です。

次にナイフツールに切り換え、文字を横に切っていきます。
shiftとalt(option)を押しながら横にドラッグすると、水平方向に切ることができます。

適当に切り終わったら、選択ツールに切り換えます。

文字を選択した状態で右クリックし、グループ解除を行います。

グループ解除のショートカット:shift + ctrl(⌘) + [ g ]

ここまできたら次のステップです。

切った文字をグループにしてずらす

今切った文字を下図のようにグループ化します。

横一列をそれぞれグループ化します(グループ化ショートカット:ctrl(⌘) + [ g ])。

選択したくないものまで選択されてしまう場合はctrl(⌘) + [ 2 ]でロックします。
※ロック解除はalt(option) + ctrl(⌘) + [ 2 ]でできます。 

グループ化が終わったら、それぞれを適当にずらします。
自分でいい感じだと思ったら次のステップです。

コピーして効果を追加する

まず、長方形ツールに切り換え、背景を追加します。
塗りは字幕の通りで、線はなしです。

そうしたら、この長方形はctrl(⌘) + [ 2 ]でロックします。

次に、文字をあと2つ横にコピーします。
選択ツールに切り換え、まず文字の色を白に変更します。

続いて文字を左クリックしたままの状態でshift + alt(option)を押して、左右どちらかにドラッグし、コピーしたい場所に移動させたら、全て離します。

コピーした文字の色を字幕のように変更したら、透明パネルを開いて描画モードを「ハードライト」にします。

このままの状態で再度、文字を左クリックしたままの状態でshift + alt(option)を押して左右どちらかにドラッグし、コピーします。

塗りを字幕のように変更したら、今度は描画モードを「比較(明)」にします。

ここまできたら最終ステップです。

ぼかしとノイズを追加する

文字を全て選択して、アピアランスパネルを開きます。

「fx」から「ぼかし(ガウス)」を選択し、半径というところを「2」に設定してOKを押します。

半径:2px

遠目からはわかりづらいですが、ぼけています。

最後に、ロックしていた長方形を alt(option) + ctrl(⌘) + [ 2 ]で解除し、全てのオブジェクトを選択した状態で、下図の手順でノイズをかけたら完成です。

全てのオブジェクトを選択した状態で、画面の手順で「効果ギャラリー」へと進みます。

もちろん今回の作り方が全てというわけではないので、描画モードや色をいじって「これだ!」と思うものを作っていただければと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました