文字をいろいろな形に変形させる簡単な方法は?文字変形ロゴの作り方|イラレチュートリアル

チュートリアル

こんにちは、イラレ常人です。 
今回は「エンベロープ」というオブジェクトの形を変形させる機能を使って上図のようなロゴを作っていきます。

エンベロープとは封筒や包むものという意味です。
イラレの場合、オブジェクトを「変形」という加工で包み込む感じです。
包み込んでいるだけなので、元通りにすることも可能です。

では、さっそく本編にいきましょう。

変形させる形を用意する

まず、楕円形ツールに切り換え、直径70mmの正円を作ります。
塗りはなし、線は黒にしておきます。

次にペンツールに切り換え、下図のように曲線を引きます。
こちらも塗りはなし、線は黒にします。

そうしたら、今引いた曲線と正円を選択した状態でパスファインダーパネルを開き、分割を押して正円を2つのオブジェクトに分ます。

分割したオブジェクトはグループ化されているのでctrl + shift + [ g ]でグループ解除します。

ここまで来たら次のステップです。

文字を打ち込んでエンベロープ処理をする

テキストツールに切り換え、適当な文字を打ち込みます。
今回作るようなロゴに適しているフォントは、可読性の高いゴシック系のものです。
塗りは黒、線はなしに設定しておきます。

ここからエンベロープによる文字の変形をしておくのですが、重ね順が重要になります。
必ずオブジェクトが上、文字が下になるようにします。
そうしないと、この処理がうまくいきません。

オブジェクトを選択した状態で右クリックして、下図のように重ね順を最前面にします。

その後オブジェクトと文字を選択し、下図の手順で「エンベロープ」へと進み「最前面のオブジェクトで作成」を押します。

これでオブジェクトの形に沿って文字が変形しました。

「TYPE」も同じようにエンベロープ加工をかけます。

動画冒頭にもお話ししたように、このエンベロープ加工は解除できます。
加工したオブジェクトを選択した状態で、下図の手順で解除を実行すれば可能です。

形が決まったら

文字の色や形を個別に変更する場合、このエンベロープ加工を確定させる必要があります。
下図の手順で「分割・拡張」という処理を実行することで個別変更が可能になりますが、その後は文字の打ち替えやエンベロープの解除ができません
そうなると困る場合は、分割・拡張する前のコピーを残しておくようにします。

「分割・拡張」を実行すると、このようなウィンドウが出てきますが、そのままOKで問題ありません。

分割・拡張実行後、これらはグループ化されているので、必要に応じてctrl + shift + [ g ]でグループ化を解除します。

後は自分の好きなように色などを変えれば、完成です。

この画像では、背面にグラデーションのかかった正円を新たに配置しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました