洗練された美しい凹凸文字を作りたい方は必見です!アピアランス機能で表現するニューモーフィズム文字|イラレチュートリアル

チュートリアル

こんにちは。イラレをもっと身近に、イラレ常人です。

今回はイラレのアピアランス(外装)機能を使って、紙に凹凸加工をかけたようなニューモーフィズム文字を作っていきます。
アウトライン化はしないので、文字の打ち替えも可能です。

解説画像の下に入っている字幕は、解説動画を作ったときに入れたものです。 この記事では動画のスクリーンショットを断片的に入れているので、字幕の文章が成り立っていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

下地を敷いておく

まず長方形ツールに切り換え、下地を敷いておきます。
塗りは字幕の通りで、線はなしです。

この四角形は最後まで触らないのでctrl(⌘) + [ 2 ]でロックしておきます。

出っ張ったニューモーフィズム文字

では、出っ張った文字の方から作ります。
文字ツールに切り換え、文字を入力します。
これは、塗りも線も一度なしにして、アピアランスパネルから改めて塗りだけを追加します。

また、追加する塗りは1つだけではなく、全部で3つになるようにします。
今回のニューモーフィズム文字は、それぞれの塗りに別々の加工を加えて出っ張らせたり、凹ませたりします。

追加した塗りの色は、それぞれ字幕のように設定しておきます。

因みにちょっとしたことですが、テキスト全体に「角を丸くする」処理をしておくと、ニューモーフィズム文字が柔らかい印象になって、より自然な見え方になると思います。

では、それぞれの塗りに加工を加えていきます。
まず一番上の塗りですが、これはちょうど出っ張った天辺の部分になります。

アピアランスパネルの「fx」から「ぼかし」「ぼかし(ガウス)」へと進み、字幕のように設定してOKを押します。

ほぼ見た目は変わっていませんが、この後に加える加工との調和を図るためにぼかしました。

次は2番目の塗りに加工を加えていきます。
これは左上からの照明で照らされる部分になるので、元の文字の大きさより大きくします。

「fx」から「パス」「パスのオフセット」へと進んでいきます。
オフセットとは「ある位置から移動させた位置にセットし直す」という意味です。

下図のようなウィンドウが開くので、字幕のように設定してOKを押します。

これにより今設定した数値分、元の文字の外周より外側にオフセットが加わりました。

そうしたら、このオフセットを少し左上に移動させます。
「fx」から今度は「パスの変形」「変形」へと進んでいきます。

すると、下図のようなウィンドウが開くので、字幕のように設定してOKを押します。

これでオフセットは、少しだけ左上に移動しました。

今度はこれをぼかします。
「fx」から「ぼかし」「ぼかし(ガウス)」へと進んでいき、字幕のように設定します。

これで2番目の塗りの加工は完了です。

3番目の塗りの加工に入ります。
これは左上からの照明でできる右下の影の部分で、例によって元の文字の大きさより大きくします。

「fx」「パス」「オフセット」へと進んでいき、字幕のように設定してOKを押します。

さらにそのままの状態で「fx」「パスの変形」「変形」へと進んでいき、字幕のように設定してOKを押します。

そして、もう一度「fx」「ぼかし」「ぼかし(ガウス)」へと進んでいき、字幕のように設定してOKを押します。

以上の手順で、出っ張ったニューモーフィズム文字の方は完成です。


アドビイラストレーターの購入はこちら(Adobe公式HP)

凹んだニューモーフィズム文字

次は、凹んだ文字の方を作ります。
出っ張った文字を再利用しますが、混乱しないように初期状態に戻します。
「角を丸くする」加工だけは残しておきます。

では、また塗りだけを追加していきます。
今回は全部で4つになるようにします。

追加した塗りの色は、それぞれ字幕のように設定しておきます。

では、それぞれの塗りに加工を加えていきます。
まず一番上の塗りですが、これは凹んだ底辺の部分になるので、元の文字の大きさより小さくします。

アピアランスパネルの「fx」から「パス」「パスのオフセット」へと進み、字幕のように設定してOKを押します。

次に、凹んだところから元のところまでの斜面は滑らかにしたいので、このオフセットをぼかします。

「fx」から「ぼかし」「ぼかし(ガウス)」へと進んでいき、字幕のように設定してOKを押します。

次は2番目の塗りに加工を加えていきます。
これは、左上からの照明でできる影の部分になるので、元の文字の大きさより小さくします。

「fx」から「パス」「オフセット」へと進んでいき、字幕のように設定してOKを押します。

そうしたら、このオフセットを少し左上に移動させます。
「fx」から「パスの変形」「変形」へと進み、字幕のように設定してOKを押します。

今度はこれをぼかします。
「fx」から「ぼかし」「ぼかし(ガウス)」へと進んでいき、字幕のように設定します。

これで2番目の塗りの加工は完了です。

3番目の塗りの加工に入ります。
これは左上からの照明で照らされるの部分で、例によって元の文字の大きさより小さくします。

「fx」「パス」「オフセット」へと進んでいき、字幕のように設定してOKを押します。

さらに、そのままの状態で「fx」「パスの変形」「変形」へと進んでいき、字幕のように設定してOKを押します。

そして、もう一度「fx」「ぼかし」「ぼかし(ガウス)」へと進んでいき、字幕のように設定してOKを押します。

最後に4番目の塗りの加工です。
これは、文字の輪郭を少しだけ強調するためのものです。

「fx」「ぼかし」「ぼかし(ガウス)」へと進んでいき、字幕のように設定してOKを押します。

以上の手順で、凹んだニューモーフィズム文字の方は完成です。

文字サイズを変えるときの注意点

文字は、頻繁にサイズを変えると思うので、拡大・縮小によってアピアランスの見た目が崩れないようにctrl(⌘) + [ k ]で環境設定を開き「線幅と効果も拡大・縮小」にチェックを入れておくと良いでしょう。

最初の方にロックしておいた下地のロック解除を忘れずに。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

完成素材の無料ダウンロードはこちら↓
ニューモーフィズムアピアランスイラスト – No: 22362701/無料イラストなら「イラストAC」をイラストACでチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました