【ラーメンイラスト:前編】イラレでラーメンを描いてみよう|イラレチュートリアル

チュートリアル

こんにちは、イラレ常人です。

今回は、記事を2つに分けて、ラーメンのイラストを描いていきます。

この記事では、ラーメンのどんぶりとスープの部分だけを作ります。 
次の記事で具材を加えて完成、という流れです。 

それでは、さっそく本編にいきましょう。

どんぶりを作る

どんぶり本体

まず、楕円形ツールに切り換え、

アートボードのサイズは「A4」です。

下図のように楕円形を作ります。 

アートボードが白なので、塗りは見やすいように「淡い灰色」にしておきます。
あとで「白」に変えます。 
線は「なし」です。 

次に、この楕円形を背面にコピーします。 

選択ツールでこれを選択した状態で、

ctrl(⌘) + [ c ]でコピー、

さらに、ctrl(⌘) + [ b(back) ]で背面にペーストします。
同じ位置へのペーストなので、見た目は変わっていません。 

さらに、そのままの状態でダイレクト選択ツールに切り換え、

下図マーキング部分のアンカーポイントを左クリックで選択します。 

そして、下図のようにアンカーを移動させます。 

このままでは、どんぶりの底が尖っているので、少し丸くします。 

ダイレクト選択ツールの状態でアンカーを選択すると、下図マーキング部分のように、ハンドルが表示されるので、それをドラッグしてどんぶりの形を調整します。 

ハンドルを左右対称に移動させるには、❶アンカーを左クリックで選択後、❷キーボードの[ s ]を押して、拡大・縮小ツールに切り換えてから、

ハンドルをドラッグすれば、できます。 

糸底

次に、糸底の部分を作っていきます。 

長方形ツールに切り換え、

下図のように四角形を配置します。 

塗りは「グラデーション」で、線は「なし」です。 

グラデーションの詳細は、字幕(下図参照)の通りです。 

グラデーションの詳細設定は、グラデーションパネルから行います。

そうしたら、下図マーキング部分のアンカーポイントの角を取ります。 

ダイレクト選択ツールで、この2つのアンカーを選択し、

さらに「選択したアンカーをスムーズポイントに切り換え」を押します。 

すると、直角だった角が丸くなりました。 

糸底は重ね順を後ろに移動させたいので、選択ツールで選択した状態で右クリックし、重ね順から「最背面」を選択して、後ろに持っていきます。 

このタイミングで、下図の❶と❷の図形にも、色を設定します。 

❶は「白」に設定します。 
❷はグラデーションに設定します。 

❷のグラデーションの詳細は、字幕(下図参照)の通りです。 

雷紋模様

ここまでの設定が終わったら、ラーメンどんぶりのトレードマークとも言える「雷紋(らいもん)」を作っていきます。 

余談ですが、雷紋のマークは「中国っぽい模様だから」という理由で、日本人がどんぶりに付けたらしいです。
本来は、魔除けとしての意味があるようです。

ペンツールに切り換え、

下図のように左クリックで、点と点をつなげていきます。 

塗りは「なし」で、線は「赤」です。 
線の太さは目安ですが「5pt」です。 

模様の半分まで描き終わったら、これをコピーします。 

選択ツールでこの線を選択した状態で、左クリックを押したままにします。 

さらに、shiftとalt(option)を押し、右方向にドラッグして、

コピーさせたいところで左クリックを離してから、shiftとalt(option)を離します。 

字幕の解説は、無視してください。

このとき、ctrl(⌘) + [ u ]でスマートガイドを有効にしておくと、元の線とコピーした線がピッタリくっつくところをイラレが教えてくれます。 

そうしたら、コピーした方の線を選択した状態で回転ツールに切り換え、

下図のように「180度」回転させます。 

これで雷紋の元ができました。 

このままでは、イラレの環境設定によってはラーメン全体を拡大縮小したときに、線の太さだけが変わらない可能性があるので、この線をアウトライン化します。 

線を縮小しても、線幅はそのままになってしまっています。

これらの線を選択した状態で、下図の手順で「パスのアウトライン」を実行します。 

すると、この2本の線は、線ではなくて、こういう形の図形になります。 

アウトライン化により、線の太さを変えることはできなくなるので、あとから編集する可能性がある場合は、アウトライン前のものをコピーして、バックアップをとっておくと良いです。 

これらは、バラけないように、ctrl(⌘) + [ g ]でグループ化しておきます。 

そうしたら、このマークをあと9つほどコピーして、どんぶりの形に合わせて変形させます。 

まずコピーですが、先ほどのようにマークを選択した状態で左クリックを押したままにし、

さらに、shiftとalt(option)を押して右方向にドラッグ、

コピーさせたいところで左クリックを離してから、shiftとalt(option)を離します。 

画像の字幕は、無視してください。

そして、このままの状態で、ctrl(⌘) + [ d ]を押せば、今のコピー操作が繰り返されます。 
このショートカットで、マークが合計10個になるまで、コピーを繰り返します。 

これらも、バラけないように、マーク全てを選択した状態で、ctrl(⌘) + [ g ]でグループ化しておきます。 

では、この雷紋を変形させます。 

選択ツールで雷紋を選択した状態で、下図の手順で「エンベロープ」「メッシュで作成」へと進んでいきます。 

すると、下図のようなウィンドウが出てくるので、マーキング部分のように設定して、OKを押します。 

「エンベロープ」とは「包むもの」という意味で、イラレにおいては「包んだものを自由に変形できるもの」だと思っていただければ、OKです。 

エンベロープを適用したら、まずは選択ツールで、下図のようにどんぶりの大きさに合わせて、サイズ調整を行います。
自分の感覚で調整して問題ありません。 

そうしたら、ダイレクト選択ツールに切り換えて変形を行います。 

バウンディングボックスの四隅にあるアンカーポイントを左クリックし、

そのアンカーを下図1,2枚目のようにドラッグして、それぞれマークの開始位置に移動させます。 

次に、アンカーをクリックすると出てくるハンドルを駆使して、模様が弧を描くように調整します。 

この操作はちょっとクセが強いので、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。 

ポイントとしては、どんぶりのセンター付近のマークがほぼまっすぐになっていれば、良い感じになると思います。 

下図マーキング部分のように細かいハンドル調整が必要なところは、

画面の拡大・縮小のショートカットを使うのが、おすすめです。 

スープを作る

ここまできたら、スープの部分を作っていきます。 

楕円形ツールに切り換え、

下図のように楕円形を配置します。 

塗りは字幕(下図参照)の通りで、線は「なし」です。 

このままではスープの部分だけ、底の浅い容器に入っているように見えて違和感があるので、少し変形させます。 

ダイレクト選択ツールに切り換え、

下図(1枚目)マーキング部分のアンカーポイントを、下に移動させます。 

そうしたら、まず左側のアンカーを選択、するとハンドルが出てくるので、

下の方のハンドルを、alt(option)を押しながらドラッグします。 

すると、ドラッグした方向にハンドルが折れるので、それでスープの形を調整します。 

上の方のハンドルも、下図のようにドラッグして、形を調整します。 

反対側も同様です。

必要に応じて、センターのアンカーも調整すると良いかもしれません。 

そうしたら、スープの色に深みを出します。 

スープを選択した状態で、ctrl(⌘) + [ c ]でコピー、

さらに、ctrl(⌘) + [ f(front) ]で真上にペーストします。 

そして、コピーした方の図形を下図のように縮小します。 

縮小した方の塗りは、字幕(下図参照)のように変えます。 

そして、何も選択していない状態でブレンドツールに切り換え、

下図の❶と❷をそれぞれ左クリックして、図形の間でブレンドをかけます。 

これで、スープの深みを表現しました。 

今回の記事は、ここまでです。 

次回は、具材を作っていきます。
ぜひ、お付き合いくださいませ。 

続きを読む↓

完成素材の無料ダウンロードはこちら↓
ラーメンイラスト – No: 22046992/無料イラストなら「イラストAC」をイラストACでチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました