【ビスケット文字】打ち変え可能!イラレでビスケット風の文字を作ってみよう|イラレチュートリアル

チュートリアル

こんにちは、イラレ常人です。

今回は、のちのち編集が可能なビスケット文字を作っていきます。

では、さっそく本編にいきましょう。

文字に塗りと線を設定する

まずテキストツールに切り換え、何でも良いので、文字を打ち込みます。

初期設定では塗りが「黒(K100)」に設定されているので、「なし」にします。

次にアピアランスパネルを開いて、改めて塗りを字幕(下図2枚目)のように設定します。

そうしたら、アピアランスパネルから線を設定します。
線の色と太さは字幕(下図参照)の通りです。

因みにアピアランスパネル内の塗りと線は、ドラッグで重ね順を変えることができます

このタイミングで塗りと線の重ね順を入れ替えました。

続いて、今、設定したアピアランスパネルの「線」というところを左クリックし、

ここ(下図参照)にチェックを入れて、破線にします。

線分は「3」、間隔は「12」にしておきます。

次に「線端」というところを「丸型線端」に、「角の形状」というところを「ラウンド結合」にします。

ここまできたら次のステップです。

さらに線を追加する

先ほど設定した線をここ(下図参照)にドラッグして、コピーします。

線の塗りと太さは、字幕(下図参照)の通りです。

続いて、この線(太さが24ptの方)をもう一度コピーします。

そして「fx」から「パスの変形」「変形」と進んでいくと、

下図(1枚目)のようなウィンドウが開くので、字幕のように設定したら、OKを押します。

ここまできたら最終ステップです。

質感を出す

文字を選択した状態で「テキスト」をクリックし、

「fx」から「スタイライズ」「光彩(内側)」と進んでいくと、

下図のようなウィンドウが開くので、字幕のように設定します。

光彩の色は、ここ(下図参照)を左クリックすれば、変更できます。

設定し終わったら、再度「テキスト」をクリックし「fx」「テクスチャ」「テクスチャライザー」と進んでいきます。

すると、下図のような画面になります。

設定を下図マーキング部分のようにして、OKを押します。

テクスチャ:カンバス、拡大・縮小:70%、レリーフ:3、照射方向:上へ

最後は楕円形ツールでビスケットに小さい円を配置していきますが、このとき文字は動かしたくないので、選択ツールで文字を選択した状態で、ctrl(⌘)+[ 2 ]でロックしておきます。

そうしたら、楕円形ツールに切り換えます。

円の塗りは字幕の通りで、線は「なし」です。

円を選択した状態でアピアランスパネルを開き「fx」「スタイライズ」「光彩(外側)」と進んでいくと、

下図のようなウィンドウが出るので、字幕のように設定して、OKを押します。

光彩(外側)の色は「C40,M70,Y100,K50」にしておくと、ビスケットに馴染みます。

あとは選択ツールの状態で、alt(option)を押しながら円をドラッグ&ドロップしていくと、円がコピーされていくので、適当に配置させたら完成です。

あまり置きすぎると、じんましんみたいになるので気を付けましょう。

キモチガワルイ。

ロックしていた文字は、ctrl(⌘)+shift +[ 2 ]で解除します。

「選択した状態で」は間違いでした。ロックしているので、選択できるわけないですね(^^;
完成!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

完成素材の無料ダウンロードはこちら↓
ビスケットアルファベットセットイラスト – No: 23013261/無料イラストなら「イラストAC」をイラストACでチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました