メダルや「売り上げNo.1」のデザインでお馴染みの月桂冠の作り方!|イラレチュートリアル

チュートリアル

こんにちは。
イラレをもっと身近に、イラレ常人です。

今回は、日本酒の名前でおなじみの「月桂冠」フレームを作っていきます。
ネットで配布されている素材と違い、葉っぱのサイズやフレームの形を自在に変形できるので、自分で作れるようになると活用できる幅が広がるかと思います。

では、さっそく本編にいきましょう。

作業を始める前に

まず作業を始める前に、画面上部のメニューバーの「表示」から「スマートガイド」を有効にしておきます。
これを有効にすることで、オブジェクト同士を隙間なく綺麗に並べることができます。

葉っぱを作る

まず楕円形ツールに切り換え、shiftを押しながら正円を描きます。
塗りと線はとりあえず、このままで問題ありません。

次に、今描いた正円をコピーします。
正円を選択した状態で左クリックを押したままにし、shift + alt(option)で斜め下にドラッグします。

冒頭で説明したスマートガイドを有効にしておくと「交差」という文字が出てくるので、そこで全てを離し、コピーを完了させます。

次に、この2つの円を選択した状態でパスファインダーパネルを開き「交差」というところをクリックします。

そうすることで、重なり合った部分だけが型抜きされて残ります。
ここで塗りを黒、線をなしに設定しておきます。

そうしたら、次のステップです。

月桂冠の部品を作る

今作ったオブジェクトを選択した状態でリフレクトツールに切り換え、alt(option)を押しながら、ここ(下図参照)をクリックします。

すると、下図のようなウィンドウが開くので、角度を「90」と入力して、コピーを押します。

今クリックした点を軸に、90度反転コピーが実行されました。

次に、この2つのオブジェクトをちょっと離し、選択ツールで選択した状態で左クリックを押したままalt(option)を押し、適当な場所にドラッグ&ドロップします。

オブジェクトがコピーされました。

この2つの内のいずれかを選択し、再度ここら辺(下図参照)にコピーします。

今コピーした2つの内のいずれかを選択します。

回転ツールに切り換え、今コピーしたオブジェクトを下図のように、45度回転させます。

そうしたら選択ツールに戻し、下図の2つをグループ化します。

今グループ化したオブジェクトと、45度回転させたオブジェクトを選択し、グループ化したオブジェクトをもう一回クリックします。

そして、整列パネルより「水平方向中央に整列」を押して、下図のように整列させます。

ここまできたら最終ステップです。

スウォッチパネルとブラシパネルに部品を登録する

まずスウォッチパネルを開き、このオブジェクト(下図参照)を、必ず下図の通りの向きにしてからドラッグ&ドロップで登録します。

次にブラシパネルを開き、このオブジェクト(下図参照)も下図の通りの向きにしてドラッグ&ドロップします。

下図のようなウィンドウが出てくるので、パターンブラシを選択して、OKを押します。

そうすると「パターンブラシオプション」というウィンドウが出てくるので、ここ(下図参照)を押して、先ほどスウォッチパネルに登録したオブジェクトを選びます。

後々、色を自由に変更できるように「彩色」というところから方式を「色合いをつける」にして、OKを押します。
因みに「色合いをつける」で色を自由に変更できるオブジェクトの色は「黒」です。
ブラシに登録するオブジェクトの色を黒にしたのは、そのためです。

これで月桂冠のブラシが完成しました。
登録の際に作ったオブジェクトは消しても問題ありませんが、再編集したいときのためにワークスペースのスミに残しておくのもありです。

楕円形ツールでshiftを押しながら正円を描き、ダイレクト選択ツールに切り換えたら、このアンカーポイント(下図参照)を選択して削除します。

線を、先ほど作った月桂冠ブラシにして、ここ(下図参照)で太さを調整します。

ブラシパネルから、先ほど作った月桂冠ブラシを左クリックで適用します。

上は少し空けたいので、はさみツールでここら辺(下図参照)を切り、短い方を削除します。

最後にリフレクトツールに切り換え、alt(option)を押しながら、このアンカーポイント(下図参照)をクリック、角度を「90」にしてコピーを押します。

あとはパス同士をちょっと離して完成です。

色は先ほど「パターンブラシオプション」のところで着色方式を「彩色」にしておいたので、ここ(下図参照)から変更できます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました