プレゼントデコレーションの定番!わさわさリボンをイラレで作ろう!|イラレチュートリアル

チュートリアル

こんにちは、イラレ常人です。

今回は、よくプレゼントの袋や箱に付いている「リボンデコレーション」の作り方を解説していきます。

以前にも違ったタイプのリボンを作っているので、興味があれば、ぜひご覧くださいませ。

今回のキーワードは「エンベロープ」
直訳すると「包むもの」です。
エンベロープで包まれたものは、形を自在に変形できます。

それでは、本編にいきましょう。

リボンの素になる四角形を用意する

まず長方形ツールに切り換え、「30mm」四方の正方形を作ります。
塗りはグラデーション、線はなしです。

今回のグラデーションは、ネットの無料素材サイト「Vector Club」からダウンロードしてきたものです。

そうしたら、この正方形を選択した状態で、下図の手順で「エンベロープ」「メッシュで作成」へと進んでいきます。

下図のようなウィンドウが開くので、行数列数ともに「1」に設定して、OKを押します。

ここで1つ、エベロープの設定の確認をします。
下図(1枚目)の手順で「エンベロープオプション」へと進み、マーキング部分(下図2枚目)にチェックが入っているかを確認します。

「アピアランスを変形」にチェックを入れると「線型グラデーションの塗りを変形」にもチェックが入れられるようになります。

四角形を変形させる

この設定を確認したら、いよいよリボンを作っていきますが、先に流れだけを解説しておきます。

今回作るリボン、一見複雑そうに見えますが、使っている部品は実は3種類だけです。
それがこの部品(下図参照)です。
これらをうまいことコピー・回転させて、リボンの形にしているのです。

そう考えたら一気に作るのがラクに感じませんか?
ということで、さっそくこれらの部品を作っていきます。

まずは先ほど作ったグラデーションの正方形を3つほどコピーします。
選択ツールの状態で、alt(option)を押しながらオブジェクトをドラッグし、コピーさせたい場所でクリックを離してからalt(option)を離します。

この操作をもう一度繰り返します。

これで部品の用意ができました。

リボンの部品❶

まずこれ(下図参照)ですが、単純に横幅の長さを少し長くするだけでOKです。

1つ目終了!

リボンの部品❷

次にこちら(下図参照)を作ります。

オブジェクトを選択した状態で、下図の手順で「ワープ」「アーチ」へと進んでいきます。

下図のようなウィンドウが開くので、マーキング部分のように設定して、OKを押します。

スタイル:アーチ(水平方向)、カーブ:30%、変形の水平方向:0%、変形の垂直方向:50%

正方形がアーチの形になりました。

因みに、今の変形の設定は、アピアランスパネルから再度開くことができます。

リボンの部品❸

最後にこちら(下図参照)です。

勘を良い方なら気づくかもしれませんが、これは今作ったアーチの設定数値を真逆に設定するだけで作れます。

先程と同じように、下図(1枚目)の手順でアーチの設定ウィンドウを開いたら、マーキング部分(下図2枚目)のように設定して、OKを押します。

スタイル:アーチ(水平方向)、カーブ:30%、変形の水平方向:0%、変形の垂直方向:マイナス50%

変形させた部品に細かい部品を付け加える

部品の完成まであと一息です。

この2つの部品(下図参照)、見た目はアーチになっていますが、オブジェクトの形自体はまだ正方形の状態を保っています。

理由はあとで説明しますが、アーチの形に確定させたいので、下図の手順で「アピアランスを分割」を実行します。
これは、「アピアランス」というイメージを確定させる操作です。

これを家で例えると、建設前の家のCGが「アピアランス」だとしたら、建設後の実際の家が「アピアランスを分割」ということになります。

これでオブジェクトがアーチの形に確定しました。

そうしたら楕円形ツールに切り換え、この幅(下図2枚目)と大体同じくらいの楕円形を作ります。

塗りは下図のように設定します。
線はなしです。

次にダイレクト選択ツールに切り換え、マーキング部分(下図2枚目)のアンカーポイントを選択し、

それぞれを矢印で示した部分(下図1枚目)にピッタリとくっつけます。

このとき、ctrl(⌘) + [ u ]でスマートガイドを有効にしておくと、ピッタリとくっつく場所をイラレが教えてくれます。

先ほど、アピアランスを分割させアーチの形に確定した理由がこれです。

アピアランス分割前のオブジェクトはあくまで正方形なので、矢印で示した部分に楕円形のアンカーポイントを持っていってもスマートガイドが反応してくれません
そのような理由からアピアランスを分割させました。

画像左上のオブジェクトはあくまで「四角形」なので、アーチの形に変形させたものには、スマートガイドが反応しません。

アンカーポイントの移動が終わったら選択ツールに切り換え、この楕円形を選択し、右クリックで重ね順を「最背面」にします。

もう一つの部品も同じように楕円形を作って、最背面に移動させます。

これで全ての部品が完成しました。
完成した部品はそれぞれ、ctrl(⌘) + [ g ]でグループ化しておきます。

部品をコピー・回転させる

そうしたら、あとは超簡単です。

選択ツールの状態で、alt(option)を押しながら部品をドラッグ、コピーしたいところでクリックを離してからalt(option)を離し、コピーします。

そして回転ツールを駆使して、リボンに見えるように部品を配置していくだけです。

なかなかうまく行かないというときは楕円形ツールで正円を作り、外周に沿わせる感じで配置していくと良いかと思います。

また必要に応じて、オブジェクトを選択した状態で右クリックし、重ね順を変更します。

これでリボンが完成しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

完成素材の無料ダウンロードはこちら↓
デコレーションリボンイラスト – No: 22036879/無料イラストなら「イラストAC」をイラストACでチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました