プレゼントのデザインでは定番!クルクルリボンの作り方|イラレチュートリアル

チュートリアル

こんにちは、イラレ常人です。
今回は、メッセージカードの装飾などで使えそうな「リボン」の作り方を解説していきます。
以前にもリボンの作り方の記事を出しましたが、これから作るものは少しリアルなものとなっています。

では、さっそく本編にいきましょう。

作業を始める前に

まず、作業を始める前に画面上部のメニューバーの「表示」から「スマートガイド」を有効にしておきます。
これを有効にすることで、マルや四角、直線などのオブジェクトを配置するとき、イラレが綺麗に配置する手助けをしてくれます。

ペンツールで線を引いてコピーする

まず、ペンツールに切り換えて曲線を描きます。
塗りはなし、線は黒にしておきます。

左クリックを押したままドラッグすると、曲線の方向を決めるハンドルが出てくるので、適当に蛇行させていきます。

下図のような感じに線を引いたら選択ツールに切り換え、引いた曲線を選択します。

alt(option)とshiftを押しながら下にドラッグし、適当なところで全てを離すと垂直方向にコピーがなされます。

ここまできたら次のステップです。

直線を引いてリボンの形にする

この遺伝子のらせん構造っぽい形に直線を加えてリボンの形にします。

直線ツールに切り換え、矢印で示した部分に直線を引きます。

shiftを押しながら縦方向にドラッグで、垂直方向に直線が引けます。
冒頭にお話したスマートガイドを有効にしておくと、直線と曲線が接するところでガイドが表示されます。
それに従って下図のように直線を引きます。

この直線は開いているスペースを閉じるためのものなので、ちょっとオーバーに引くと閉じ損なうことがなくなります。
直線を引き終わったら、これらを全選択してシェイプ形成ツールに切り換えます。

選択した線にマウスオンすると、網掛けが現れます。

この状態で隣り合う網掛け部分までマウスをドラッグすると、網掛けの形の通りの図形が形成されます。

これを下図のように操作して、リボンの形にします。

ここまできたら、最終ステップです。

グラデーションを設定してリボンを変形する

リボンにグラデーションを設定します。
詳細はグラデーションパネルから設定します。

ポイントとして「影ができるところ」「光が当たるところ」「その他のところ」この3カ所を同系色の明暗で表現すれば、それっぽく見えます。

「影」をさらに濃くして、色にメリハリをつけました。

グラデーションの設定が終わったら、最後はこのリボンを好みの形に変形させます。
ここまで見たらもう十分、という方はブラウザバックしても問題ありません。

…ちょっと寂しいけどね!

リボンを選択した状態で下図の手順で「エンベロープ」の「メッシュで作成」へと進んでいきます。

下図のようなウィンドウが出るので、行数、列数ともに1に設定します。

ダイレクト選択ツールに切り換え、どこかの隅を左クリックします。

わかりづらいですが、矢印で示したところにハンドルが出てきました。

矢印のところにハンドルが出てきました。

これをドラッグしたり、隅のアンカーポイントをドラッグすることで、リボンの形を自在に変形することが出来ます。
納得のいくものになったら完成です。

完成です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました